能登半島地震による休業のお知らせ

今回の令和6年能登半島地震において亡くなられた方へ、謹んでご冥福をお祈りいたします。
また、未だ安否不明の皆様が1日も早く無事に戻られますよう、お祈り申し上げます。

今回の地震に際して、弊社にもたいへん多くの皆様から暖かいメッセージを頂戴いたしました。
この場をお借りして、心より御礼申し上げます。個別のご返信がなかなかできないことをお詫び申し上げます。

能登地域に甚大な被害が出ておりますが、弊社も社屋・工房、商品その他、かなりのダメージを受けております。
弊社が1990年に復原した明治の町家「塗師の家」(2023年輪島市へ寄贈)も、河井町を襲った大規模火災により焼失しました。

自宅が被災した社員も多く、少数の社員で少しずつ応急補修・片付け作業を進めておりますが、余震も続いており、まだまだ先が見えません。
この状況を鑑みまして、本社展示場・工房、およびオンラインショップを、当面の間休業とさせていただきます。
お客様にはたいへんご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

また、数多くの暖かいご支援のお申し出も頂戴いたしております。状況がもう少し落ち着きましたら、またご相談させていただけましたらたいへん幸甚に存じます。

既にオンラインショップに頂いておりますご注文とお問い合わせに関しましては、現時点で在庫の安全確保・発送も不可能な状況のため、ご対応にもうしばらくお時間を頂きますことをご了承下さい。

社員一同力を合わせて、少しづつ復興を目指してしていきたいと考えております。どうかこの先もご支援のほど、どうかよろしくお願い申し上げます。

2024年1月7日
株式会社 輪島屋善仁

    能登半島地震による休業のお知らせ” に対して20件のコメントがあります。

    1. オシノ より:

      善仁さんの器を今も大事に使っている者です。この度の地震での被害に心よりお見舞い申し上げます。皆様のご無事を祈念しております。
      こちらのNewsを書いてくださってありがとうございます。

      1. 輪島屋善仁[デザイン室] より:

        オシノ様
        コメントを頂戴しありがとうございます。また、弊社の器を大切に使っていただき、重ねて御礼申し上げます。
        少しずつ再建に向けて進んでいきたいと思っています。どうか変わらぬご支援のほど、お願いいたします。

    2. 井上 裕子 より:

      元旦のニュース、目、耳を塞ぎたくなる出来事でした。直ぐにお世話になった輪島屋善仁さんの方々、如何かと?
      遠い宗像市(福岡)から祈るばかりです。
      外商の山下さんは如何ですか?
      どうぞ皆様、お身体充分にご自愛下さい。
      ただただ祈るばかりです。

      1. 輪島屋善仁[デザイン室] より:

        井上裕子さま
        ご心配のメッセージを頂戴し、ありがとうございます。
        山下は無事です。元気に自宅と会社の復旧作業に携わっております。
        皆で力を合わせて1日も早く仕事を再開できるようにしたいと思っておりますので、どうか変わらぬご支援のほど、お願い申し上げます。

    3. 青山さつき(故青山 宏娘)大阪府寝屋川市在住 より:

      野尻さまから賀状を頂いたその日に、あの衝撃的な大きな地震。さぞかし恐ろしかったことでしょう。お世話になっていた父が昨年12/2に急逝致しました。寒中見舞いのお届けよりもこちらが確実かと思いご連絡差し上げました。皆様まだまだ大変かと思いますか、大阪の地から復興お祈りしております。

      1. 輪島屋善仁[デザイン室] より:

        青山さつきさま
        この度はご尊父様のご訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。
        またお気遣いのメッセージを頂戴し、誠にありがとうございます。
        復興がいつになるか全く先が見えない状況ではありますが、皆で力を合わせて1日も早く仕事を再開できるようにしたいと思っております。
        どうか今後とも変わらぬご支援のほど、どうかよろしくお願い申し上げます。

    4. 小木曽訓子 より:

      この度の地震により被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます。
      輪島屋善仁さんの皆様もご無事とお聞きして安堵しました。
      外商の前田さんご家族もご無事だったでしょうか。
      「塗師の家」が焼失した事はとても残念に思います。
      これからも輪島塗りの器を大切に使っていきます。
      そして1日も早い復興をお祈りしています。
      皆様お身体を大切にして下さい。
                      小木曽

      1. 輪島屋善仁[デザイン室] より:

        小木曽訓子さま
        この度は暖かいお気遣いのメッセージを頂戴し、厚く御礼申し上げます。
        前田も家族も無事で、元気にしております。
        塗師の家の焼失は本当に残念でした。今も信じられない想いでおります。
        ですが、前を向いて1日も早く仕事を再開できるよう復興していきたいと思っておりますので、
        どうか今後とも変わらぬご支援のほど、お願い申し上げます。

    5. 溝上 紀子 より:

      この度の大地震の被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
      輪島屋様の皆様も、ご担当の前田様もご無事と知り、安心致しますと同時に、1日も早い復興をお祈り致します。
      厳寒の中での復旧作業で、お疲れもピークと存じますが、どうか呉々もお身体に気をつけてお過ごしくださいませ。
      輪島屋様のお椀やスプーンを有難く使わせて頂きつつ、新たな食器をお願いできる日を楽しみにお待ちしております。

      1. 輪島屋善仁[デザイン室] より:

        溝上紀子さま
        この度は暖かいお気遣いのメッセージを頂戴し、ありがとうございます。
        また、当社の製品をお使いいただき、重ねて御礼申し上げます。
        再びお客様に喜んでいただける塗りものを作れる日を目指して、少しずつ復旧させていきたいと思います。
        どうか変わらぬご支援のほど、お願い申し上げます。

    6. キティ より:

      この度の地震で被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。
      私共元旦には今年も輪島屋善仁様のお重でおせちをいただけましたことを喜んでいました。
      午後の地震のニュースは大変驚きました。以前訪れた能登の町や村の映像に心が苦しくなりました。
      しかしながら、このコメントでお世話になっている前田様の無事を知りホッとしました。
      何もお手伝いができませんが輪島塗の食器を愛でながら復興を祈っております。
                                 愛知県のキティより

      1. 輪島屋善仁デザイン室 より:

        キティさま
        この度は暖かいお気遣いのメッセージを頂戴し、ありがとうございます。
        また、お正月に当社のお重をお使いいただいたとのこと、重ねて御礼申し上げます。
        今年は私たちにとって大変なお正月になってしまいましたが、
        また新春を寿ぐにふさわしい塗りものを作れるよう、復旧を目指していきたいと思います。
        どうか変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

    7. 髙橋 衛 より:

      大変なことになりお見舞い申し上げます。大昔、道中祭再興に勝郎様からお声が掛かり、練り歩き 賞を戴き、塗師の家の蔵の中で至福の時を過ごさせて貰いました。70カ国以上観てますが世界唯一の空間でした。残念至極です。パレスホテルでの輪島塗の一大展示や横浜港の見える丘洋館の展示会も良い思い出でした。。漆はJapanです。日本の心です。大変な道ですが一歩一歩前に進んでください。

      1. 輪島屋善仁デザイン室 より:

        髙橋 衛さま
        暖かいメッセージをいただきありがとうございます。
        また、長年小社との深いご縁を頂戴し、心より御礼申し上げます。
        先人が作り上げ今日まで繋いできた漆文化という財産を絶やさないためにも、ここで踏ん張っていきたいと思います。

    8. 白羽 照代 より:

      3週間経ちましたが大変な毎日をお過ごしのことと思います。
      この度の震災は同じ1月に起き被災した29年前の阪神大震災がよみがえってきて他人事とは
      思えませんでした。当時、前年にお宅で誂えた屠蘇器を初めてお正月に使った直後でした。
      家は全壊、注文した主人と長男が圧死、それからずっとこの頃になると胸が塞ぎうつ状態で何とも言えない気分になっていましたが25年過ぎたころからやっと忘れかけきていたところでした。
      今回の地震で輪島が大変なことになっているのを知り、すぐに輪島屋さん、あの時ご親切に尋ねてくださった外商の山下俊治さんはどうしてられるのかと案じながら日が過ぎていました。ここにコメントを入れることが出かるとわかりお見舞い申し上げる次第です。

      そちらは当方と違い寒さも厳しく大変でしょうが、どうか前向きに少しずつでも進んでいらっしゃいますように神戸より心よりのお祈りを捧げております。

      1. 輪島屋善仁デザイン室 より:

        白羽照代さま
        メッセージを頂戴し、ありがとうございます。
        阪神大震災でたいへんお辛い体験をされたのですね。改めて哀悼の意を表し、謹んでご家族様のご冥福をお祈り申し上げます。
        白羽さまの喪失感は消えるものではないと思いますが、どうか少しでも心穏やかに過ごすことができますようお祈りいたします。
        山下は家族とも無事で、社内の片付けやご注文の対応などに取り組んでおります。
        お辛い体験を思い出される時期に、このような暖かいお気遣いをいただき、本当にありがとうございます。
        お客様からいただくお言葉が、私たちにとって何よりの励みとなっております。
        寒さが厳しい時節柄、白羽さまもどうかお身体お気をつけてお過ごしください。

        1. 白羽 照代 より:

          山下さんご一家がご無事で何よりでした。覚えていらっしゃるかどうか分かりませんが、29年前、何か手伝えることはないかとお尋ねいただいた時の有難さはずっと胸に残っています。
          震災の傷は大きいものでした、今、元気に過ごすことが出来ているのは多方面からの皆様のお祈り、お助けのお陰と感謝しています。
          そちらの被害は甚大でしょうが、一歩一歩前に向かって歩んで行かれますように心からお祈りいたしています。

          1. 輪島屋善仁デザイン室 より:

            白羽照代さま
            ありがとうございます。
            今私たちは大きな助けをいただいておりますが、いつか復興が叶いましたら、また皆様にご恩をお返しできるように努めていきたいと思っております。まだまだ時間はかかるかと思いますが、力を合わせて少しずつ進んでいきたいと思います。

    9. 早田京子 より:

      このたびの地震被災たいへんなご苦労だと拝察いたします。私ども熊本地震の折に、外商の山下様には自宅までお訪ねいただきお見舞いしていただきました。山下様ご一家はご無事とのこと安堵しました。
      熊本は地震から8年、私どもは高齢者住宅に転居し、山下さんの名刺をやっと見つけてこれを書いてる次第です。
      どうぞ健康に気をつけられて、一日も早く日常が戻りますよう祈念いたしております。

      1. 輪島屋善仁デザイン室 より:

        早田京子さま
        この度は暖かいお見舞いのメッセージをいただき、厚く御礼申し上げます。山下も家族も無事で、元気にしております。
        熊本の地震も大きな揺れが何度も続き、大変な被害でした。改めてお見舞い申し上げます。

        工房は復旧作業中ですが、できるだけ早く再開したいと頑張っております。
        寒い季節ですので、早田様もどうかお身体大切にお過ごしください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です